PR

有料コンテンツに嫌悪感が生まれる理由

雑記

今日ツイッターのトレンドで「情報商材」というワードが入っているのを見ました。

個人的に情報商材などはよっぽどのクオリティじゃないとお金をもらうに値しないと思っています。

もし自分がお金をもらって何かの情報を提供するにしてもそれなりのものじゃないと絶対に出せません。

特に日本ではまだ、ネット上で得られるものにお金がかかるというものが受け入れられない傾向にあると思います。

ここでは嫌悪感が生まれる理由を少し深堀していこうと思います。

有料コンテンツに嫌悪感が生まれる理由

有料コンテンツに嫌悪感が生まれる理由
  1. 以前は無料で提供されていたコンテンツが有料化された場合、なぜここから有料になるんだろうと受け取る側が疑心暗鬼になってしまうこと
  2. ネット上では基本的に通信量のみで情報を得られるので有料で情報を得ることに抵抗感があるということ
  3. 有料コンテンツの価値が自分にとって高くないと感じる場合に価格帯して割に合わないと思われることがある。
  4. 有料コンテンツの品質が無料のコンテンツと比べて劣っていると感じる場合がある。
  5. ネットの情報には偏りや誤情報が含まれる可能性があるため、信頼できる情報源に限定したいと思う場合がある。

ざっくりいうとこの5つになると思います。

有料コンテンツに嫌悪感が生まれないようにするには

嫌悪感が生まれさせない有料コンテンツの配信とは何か、その条件

では有料コンテンツに対して嫌悪感が生まれない用にするにはどうしたらいいでしょうか?

  1. 価値があると感じるコンテンツを提供すること
  2. 価格設定に配慮すること
  3. トライアル期間を作ること
  4. 顧客とのコミュニケーションを重視できるサービスにすること
  5. 競合相手と差別化すること

が挙げられます。

まとめ

まとめ

マーケティングの基本なのかもしれないですが、見てくれる人のことを考えて価値あるものを提供するということを気にする必要があると思います。

もし自分で何かを販売する場合でも相手の立場に立って誠実な対応をしていきたいですね。

今回は有料コンテンツに嫌悪感が生まれる理由とそれを緩和するにはどうしたらいいのかを考えてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました