PR

格安SIMへの乗り換えをする時に注意すること

僕は現在ワイモバイルを利用しています。

月々3000円くらいで利用しているのですが、データ増量プランが終わるとのことなので他社の乗り換えも検討しようと思いこの記事を書いています。

大手キャリア(docomo,au,Softbank)から格安SIMへ乗り換えた人も、「何か最近高くなってきてない?」とか「もっとお得なプランがあるんじゃないのかな?」とか疑い始めてる頃だと思います。

何を隠そう僕も疑っています。

今回は現在契約しているプランで何を注目してみるべきなのかまとめていきます。

月に使用しているデータ通信量の確認

スマホ主流の今、この項目が一番大事でしょう。

2023年10月現在だと、大体3GBで980円のプランが多く、その次のプランとしては20GBで3000円というものが多いはずです。

もしかしたら多く使うかもしれないという理由でデータ通信量が多いプランを契約している人も多いはずですが、過去6ヶ月くらいを振り返って見直してみると自分に適したプランが見えて来るかもしれません。

通話料の確認

今はLINE通話などで多くが片付いてしまいますが、社会人だとどうしても固定電話に電話をかけたりすることが多いと思います。(会社携帯が支給されている場合は別です)

大体どのキャリアも550円ほどで電話がかけ放題のプランを出していますが、自分の月の通話料を見てそもそもかけ放題プランが必要なのか気にして見ましょう。

ちなみに僕は普通に生活していて通話料は月平均86円程でした。(32歳既婚社会人男性)

普段利用する買い物手段

普段買い物をする場所がイオンだったり楽天だったりするとその系列の格安SIMを契約することでポイントがもらえたり、付与ポイントが倍になったりといろんなメリットがついてきたりします。

docomo系ならdポイントなど、自分の生活圏で何が優遇されるのか確認してみるのもいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました