PR

書評「コミュニティカフェ:まちの居場所の作り方、続け方」

書評

今回は「コミュニティカフェ:まちの居場所の作り方、続け方」を読んだ感想をまとめます。

コミュニティカフェ:まちの居場所の作り方、続け方 著:齋藤保

概要

コミュニティカフェの概要

コミュニティカフェの運営事例やそれを取り巻く環境の紹介など

感想

コミュニティカフェに関して思うこと

カフェで働いていたこともあるので、運営の話はとても興味深く読めました。

利益を出すためのカフェ、街や住民の方の憩いの場としてのカフェ、どちらも追求したいですが居心地のいいカフェを作ろうとすると回転率が悪くなり利益の追求ができなくなってしまいます。

しかし利益を追求しようとすると居心地のいいカフェからは少し離れてしまうと昔から考えていました。

本にも同様のことが書いていて、その時に追求するべきことは何なのかが書いていてもう一度じっくり読みたい本だなと思いました。

カフェの話に限らず何かを運営する時にヒントになるような本だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました