PR

喫茶店での滞在時間について(経営側とお客側でどのくらいが妥当なのか?)

雑記

喫茶店での滞在時間には、お店側とお客側で異なる考え方があるかもしれません。

今回の記事では喫茶店の滞在時間としてどのくらいが妥当な時間なのか考えていきたいと思います。

簡単に調べてみた結果

簡単に「喫茶店 妥当な滞在時間」で検索した結果以下のような結果が出てきました。

一般的には、お店側としては時間制限を設けていない場合が多いようですが、コーヒー一杯での滞在時間としては30分から1時間程度がマナーとされています。

ただし、経営側の考えとしては、大体2時間程度がベストとされることもあるようです。

こちらの記事を参考にさせていただきましたhttps://cafeouen.com/blog200330/

なぜその時間がベストなのかというと、一杯のコーヒーを飲む時間が15分から20分程度とされています。

それにくつろぐ時間を入れると、大体1時間程度が適切な滞在時間となるようですが、実際に喫茶店を利用する人によって滞在時間は異なることがあります。



1時間程度が適切だと思えない理由

例えば、家族で訪れる場合は1時間半から2時間程度食事やおしゃべりを楽しむと思います。

仕事をする場合は1時間半から2時間程度、PC作業や打ち合わせなどを行います。

読書をする場合は1時間から1時間半程度読書をしながらお茶などを楽しむでしょう。

友達同士でおしゃべりをする場合も1時間半から2時間程度が一般的だと思います。

(ただし、あくまでも個人的なイメージです)

このことからもコーヒーを飲むのに1時間だけ滞在するというのは少々短すぎるのではないかと思います。

まとめ

私の考えとしては、一回の利用時間は大体2時間程度が適切だと思います。

経営側から見ても、お客側から見ても、2時間程度で利用を考えることが妥当なのではないでしょうか。

個人的にですが、1時間半以上利用する場合は、追加のドリンクや軽食を注文するように心がけることも大切だとおもいます。

お気に入りのお店を応援する意味でも利用時間に対してお店に対して投資するという気持ちも持ってみてください。

1人作業をする場合には、1人用から2人用の席を利用するなどして、他のお客様に迷惑をかけないように気を配ることも大切です。

少し気を付けることで普段利用している空間がもっと特別になると思います。

みんなで街の喫茶店を応援しましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました