PR

読書と最近の図書館のサービスについて

書評

先日十年以上ぶりに図書館のカードを作って本を数冊借りてきました。

そもそも図書館を利用するって、カードを作るハードルが高かったりして意外とできませんでした。

多分カードを作らなくても図書館を楽しむということはできると思います。

でも図書館を利用し始めて、カードを作って登録しておくと借りるだけじゃないサービスを受けられることがわかりました。

図書館でカードを作るメリット

本を借りれる

図書館ですからもちろんカードを作ることによって本を借りれます。

しかも今は図書館の機械にバーコードをかざして、本を機械に乗せるだけで自動で貸出手続きを行ってくれるので昔より「借りる」というハードルが低くなっています。

書籍の予約ができる

今はカードの作成と同時に図書館独自のネットワークサービスにも登録されるため、そこから図書館で貸し出している本の検索と予約ができます。

空き時間に調べて予約ができ、取り置きのような形をしてもらえるので自分の都合のいい時に図書館で受け取れます。

延長手続きができる

自分の貸し出し順のあとに予約をしている人がいなければ、1週間くらいの延長ができます。

これもネットワークから行えるので、スマホやPCでさくさくっとおこなえます。

図書館を利用し始めて感じたこと

ここ数年本を読むといえば、電子書籍が多かったり、買った本を読んだりということが多かったのでお金をかけずに読書を楽しめるというのがとても新鮮です。

前々からメモを取りながら本を読むということがしたかったのですが、本を読みながらスマホでぽちぽちしてメモをとるのは読書の流れを阻害している感じがします。

どうにかして気になった文章や、心に残った文章をとどめておく方法はないかと考えながら読書に勤しむ日々です。

今回紹介した図書館のサービスはほんの一例で、地域によってランチが食べられる図書館があったり、図書館も多様化しているようです。

みなさんも自分の住んでいる地域の図書館に足を運んで、今一度読書を楽しんでみてはどうでしょうか?

昔より格段に使いやすくなっているので本当に楽しいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました